6 登録者タイプ

従業員、ビジター、拒否リストの登録者の登録や削除、管理について記載されています。

ご利用のプランによって、登録人数の上限が異なります。詳しくはお客様のご契約内容をご確認ください。

登録者タイプ画面では、現在のユーザーに登録された登録者グループのデータのみが表示されます。

2020年10月より、ブラックリスト機能を拒否リスト機能に改名しています。 SenseLink一部モデルや一部機能、および一部デバイスではブラックリスト(blacklist)という名称が残っている場合がございますが、当マニュアルでは拒否リストとして説明しています。適宜読み替えてご利用ください。

6.1 登録者タイプ

SenseLinkでは、顔認証の対象者を以下の登録者タイプに分けて登録・管理することができます。

SensePass GE V1.2.3では、ビジターおよび拒否リストの顔認証をサポートしていません。

6.2 登録する認証写真の規格

SenseLinkに登録する認証用の顔写真は、以下の規格に合うものをご準備ください。なお顔写真品質チェックレベルの設定が低の場合、「自分の顔以外他人の顔が映っていないこと」、「写真データのフォーマットはpng、jpeg、またはjpgであること」、「写真データのサイズが約4M未満以下であること」の3点以外の顔写真品質チェックを行わずに登録が可能です。

  • 写真の仕様:

    • 3カ月以内に撮影したもの

    • 写真の幅は300ピクセル以上、高さは400ピクセル以上であること

    • 写真に加工をしていないこと

    • 写真データのフォーマットはpng、jpeg、またはjpgであること

    • 写真データのサイズが約4M未満以下であること

  • 写真の内容:

    • カラー写真

    • 背景は薄い青、もしくは水色で、他人や物、影が写り込んでいないこと

    • 鮮明であること(写真の焦点が合っていて、色調が正しいこと)

    • 明るさやコントラストが適切であること

    • 均一な照明で、顔に影や光っている部分がないこと

    • 背景と人物の境目がはっきりしていること

    • 写っている人物が1人のみで、他人の顔が写っていないこと

    • 正面、無帽、無背景

  • 顔の部分:

    • 目線が前方を見ていて、表情は自然であること

    • 口は閉じていて、上、横、下を見ていないこと

    • 均一な照明で、顔に影や光っている部分がないこと

    • 特別な理由がない限り、フードをかぶらないでください。フードをかぶる場合、顔に陰影が出ないようにしてください

    • 目は何も加工せず、影がかかっていないこと。特別な理由がない限り、眼鏡はかけないでください

    • 眼鏡をかけている場合:

      • 眼鏡のレンズに光が反射していないこと

      • 眼鏡のフレームは、目を覆っていないこと

      • サングラスや色付きレンズの眼鏡をかけていないこと

    • 平常の顔貌と著しく異ならないもの

    • 前髪やヒゲなどで、目や鼻などの顔のパーツや輪郭が隠れていないこと

    • 髪の毛で眉毛や目、耳を隠さないでください

    • 左右の眉毛は露出しなければなりません

    • 奇抜な髪型は避けてください

    • ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないこと

    • 口を開けていないこと

    • 有効な顔のサイズは150✕150ピクセル以上であること

    • 顔部分のピッチ/ヨー/ロールが±20°であること

    • 顔部分の上下左右幅を変更していないこと

6.3 従業員の新規登録:個別登録

個別登録とは、従業員を1人ずつ登録する方法です。

従業員を登録する場合、必ず従業員グループを指定してください(必須項目)。

登録に必要な写真および情報を準備してください。

  • 従業員の写真

  • 従業員情報(詳細は「登録項目詳細」をご参照ください)

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[従業員管理]から従業員一覧を表示し、[登録]をクリックすると、個別登録画面が表示されます。

登録項目詳細

文字種に関する記載がないものは、文字種の制限がありません。

従業員番号欄などにアルファベット等を入力してもエラーが表示されませんが、内部的な処理で不具合が発生する可能性があるため、半角数字以外は入力しないでください。

必要な情報を入力した後、ページ最下部にある保存ボタンをクリックして登録を完了してください。登録完了まで数秒かかる場合があります。

6.4 ビジターの新規登録

登録に必要な写真および情報を準備してください。

  • ビジターの写真

  • ビジター情報(詳細は「登録項目詳細」をご参照ください)

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[ビジター管理]からビジター一覧を表示し、[登録]をクリックすると登録画面が表示されます。

登録項目詳細

文字種に関する記載がないものは制限がありません。

最小文字数、最大文字数は半角換算の文字数です。

登録したビジター情報は、来訪期間が過ぎても自動的に削除されません。デバイスに保存できる登録者の人数には上限があるため、不要となったビジター情報は定期的に削除することをお勧めします。

必要な情報の入力後、ページ最下部にある保存ボタンをクリックして登録を完了してください。登録完了まで数秒かかる場合があります。

6.5 拒否リストの新規登録

登録に必要な写真および情報をご準備ください。

  • 拒否リストの写真

  • 拒否リスト情報(詳細は「登録項目詳細」をご参照ください)

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[拒否リスト管理]から拒否リスト一覧を表示し、[拒否リストに登録]をクリックすると登録画面が表示されます。

登録項目詳細

文字種に関する記載がないものは制限がありません。

最小文字数、最大文字数は半角換算の文字数です。

必要な情報の入力後、ページ最下部にある保存ボタンをクリックして登録を完了してください。登録完了まで数秒かかる場合があります。

オフラインで拒否リストを認証した後でオンラインにした場合、初回のみダッシュボード上に拒否リストの警告が表示されることがあります。表示された場合は画面を再表示(リロード)することで、警告は表示されなくなります。

6.6 登録者情報の修正:個別修正

登録者情報を修正することができます。以下に、従業員情報の場合を例に、操作手順を記載します。ビジター、拒否リストの場合、それぞれビジター管理メニュー、拒否リスト管理メニューに読み替えて同様の手順を実施してください。

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[従業員管理]から従業員一覧を表示し、設定欄にある詳細ボタンをクリックすると、登録者情報詳細が表示されます。

ページ最下部にある更新ボタンクリックすると、修正モードになります。

情報を修正した後、ページ最下部にある保存ボタンをクリックすると、修正内容が反映されます。

6.7 登録者情報の削除:個別削除

登録者情報を削除することができます。以下に、従業員情報の場合を例に、操作手順を記載します。ビジター、拒否リストの場合、それぞれビジター管理メニュー、拒否リスト管理メニューに読み替えて同様の手順を実施してください。

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[従業員管理]から従業員一覧を表示してください。

削除したい登録者にチェックを入れ、削除ボタンをクリックしてください「この操作は取り消しできません。削除しますか?」のメッセージが表示されます。 「確定」をクリックして削除してください。なお、削除された登録者情報は復元できませんのでご注意ください。

また登録者情報詳細ページからも削除が行えます。

ナビゲーションメニューの[登録者管理]→[従業員管理]から従業員一覧を表示してください。削除したい従業員の詳細ボタンをクリックし、登録者情報詳細を表示してください。ページ最下部にある更新ボタンクリックすると修正モードになり、ページ最下部に削除ボタンが表示されます。削除ボタンをクリックしてください。

「この操作は取り消しできません。削除しますか?」のメッセージが表示されますので、「確定」をクリックして削除してください。

6.8 登録者タイプの変更

従業員またはビジターとして登録された登録者を、拒否リストの登録者に変更することができます。

拒否リストに登録したい従業員、またはビジターの登録者情報の詳細を表示してください。 ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[従業員管理]または[ビジター管理から登録者一覧を表示させ、拒否リストに登録したい登録者の詳細ボタンをクリックすると詳細が表示されます。

ページ最下部にある更新ボタンをクリックして、修正モードにしてください。

編集モードにすると、同ページ最下部のボタンに「拒否リストに登録」ボタンが表示されます。クリックしてください。

登録する拒否リストグループを選択します。グループは複数選択可能です。

選択後、保存ボタンをクリックすると、「拒否リストに登録するとグループや部署、デバイスへの登録も削除されます。登録しますか?」のメッセージが表示されます。確定ボタンをクリックしてください。

操作完了後、ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→拒否リスト管理]から拒否リスト一覧を表示し、変更した登録者が登録されていることを確認してください。オリジナルの登録者タイプ欄には登録者のオリジナルの登録者タイプとして、従業員またはビジターが記録されています。

6.9 従業員の新規登録:複数登録

一度に最大50,000件まで、複数の従業員を登録することが可能です。

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[従業員管理]を選択してください。従業員管理ページが表示されます。[一括操作]タブをクリックし、[複数登録]を選択してください。

複数登録のステップを説明するページが表示されます。内容を確認のうえ、アップロード開始ボタンをクリックしてください。

バッチ処理の履歴をタスクリストから確認できます。

タスクリストでは、タスクのプロセス、ステータス、登録者人数を確認できます。詳細については各タスクの結果をエクスポートして確認できます。

6.9.1 従業員情報のアップロード(Step 1)

従業員情報情報を入力するためのExcelテンプレートをダウンロードします。

①ダウンロード ボタンをクリックしてください。デフォルトのファイル名は 「senselink_employee_upload_template_ja.xlsx」 です。

保存されたExcelテンプレートを開いてください。

Excelテンプレートの1行目と2行目は編集・削除しないでください。 3行目から、従業員情報を入力できます。Excelテンプレートの3行目にPeterという従業員の入力例が記載されていますが、こちらはサンプルなので入力例を確認後、削除・上書きして登録してください。 名前と従業員グループは必須項目、その他はオプション項目です。

従業員を登録する場合、必ず従業員グループを指定してください(必須項目)。

携帯電話番号、従業員番号、ICカード番号は異なる従業員間で重複して登録することができず、一意である必要があります。

Excelテンプレートへの入力項目

文字数制限は半角換算の文字数です。

従業員で重複する名前が存在する場合、必ず異なる携帯電話番号を入力して管理してください。そうでないと、次項のStep2で顔写真の登録ができません。また6.10節 従業員情報の修正:複数修正 など以降の操作でエラーが発生します。

この操作では、すでに登録済みの従業員情報を上書き・修正することはできません。修正が必要な場合は、6.10節 従業員情報の修正:複数修正 を参照してください。

顔写真の品質が条件を満たさない場合や必須項目の記入に漏れがある場合は、対象の従業員の登録はされません。

②アップロードボタンをクリックし、準備したExcelテンプレートを選択してください。 ③インポートボタンをクリックして、SenseLinkにExcelテンプレートに入力された従業員情報をインポートしてください。インポートに成功すると、自動的にStep2へ進みます。

Excelファイルの内容に誤りがある場合、エラーメッセージが表示されてインポートが完了しません。エラーメッセージの内容に従ってExcelファイルを修正し、もう一度アップロードおよびインポートを行なってください。

エラーメッセージのフォーマット

エラーを修正したExcelをアップロードする際には、先にアップロード済みのデータを削除する必要があります。削除した後、もう一度アップロードボタンから修正済みExcelテンプレートをアップロードしてください。

6.9.2 従業員の認証用顔写真のアップロード(Step 2)

従業員情報のインポートが完了すると、自動的に従業員の認証用顔写真アップロードのページに遷移します。

顔写真品質チェックレベル欄で、用顔写真品質チェックレベルを選択します。

認証用顔写真の圧縮ファイルの欄にある[ファイルを選択]ボタンをクリックして、顔写真ファイルの圧縮ファイル(ZIP)を選択してください。 圧縮ファイル(ZIP)および圧縮ファイル内の顔写真は、以下の規格を満たす必要があります。

  • 顔認証品質チェックレベルで高を設定している場合、写真がすべての規格項目をクリアしていること。認証用顔写真の規格は6.2節 登録する認証写真の規格 をご参照してください。「低」を設定している場合はその限りではありません。

  • 顔写真ファイル1件は約3.8MB(4,000,000バイト =約3,900KB)

  • 圧縮ファイル内の顔写真ファイル数が50,000件以下であること

  • 認証用顔写真の拡張子を除くファイル名が前節で登録した、またはすでに登録済みの従業員の氏名と一致していること

  • ただし氏名が重複する従業員が存在する場合、以下のフォーマットであること

    • [氏名]+[国別コード]-[携帯電話番号]

    • 従業員の氏名が[山田 太郎]、国別コードが[81]、携帯電話番号が[8012345678]の場合、山田 太郎+81-8012345678.jpg (または.png)が規定のファイル名

  • すべての顔写真が1つのZIPフォーマットのファイルに圧縮されていること

  • 圧縮ファイル(ZIP)のサイズが2GB以下であること

圧縮ファイルを作成する際、認証用顔写真のファイル名はUTF-8でエンコードされている必要があります。

[Windowsの場合] 、7-zipなど、UTF-8に対応した外部の圧縮ソフトを使用してください。

[MacOSの場合] 、「ば」「ぱ」「バ」「パ」など濁音/半濁音のひらがな/カタカナがファイル名に含まれる場合は、特殊な文字コードの影響で画像を正常に登録できない場合があります。これらの文字列がファイル名に含まれる場合は、Windows上でUTF-8対応のソフトを使用して圧縮ファイルを作成してください。

フォルダを選択後、次へ のボタンをクリックしてください。認証用顔写真のアップロードが開始されます。 フォルダまたは認証用顔写真ファイルに誤りがある場合、エラーメッセージが表示され、アップロードが開始されません。エラーメッセージの内容にしたがってフォルダまたは認証用顔写真ファイルを修正し、もう一度アップロードを行なってください。

アップロードが開始されると、進捗状況として経過時間が確認できます。アップロードは2段階の処理が行われるため、進捗も2種類表示されます。

アップロードが完了すると、完了メッセージが画面上部に表示されます。

アップロードの結果をエクスポートすることもできます。アップロード結果 表示ボタンをクリックしてください。Excelファイルがエクスポートされ、ファイルが開きます。

アップロード結果のエラーメッセージ

アップロード結果のExcelファイル2行目に、「.DS_Store」というファイル名に関するエラーが出力される場合があります。これは実際のアップロード結果と関係のない情報です。3行目以降に記載される情報を確認してください。

6.10 従業員情報の修正:複数修正

一度に複数の従業員情報を修正することが可能です。

当節の手順では従業員情報の修正のみ行い、従業員の認証用顔写真の修正を行うことができません。認証用顔写真の修正を行う場合は、次節を参照してください。

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[従業員管理]を選択してください。従業員管理ページが表示されます。[一括操作]タブをクリックし、[複数更新]を選択してください。

登録済みの従業員情報をエクスポートします。「①従業員リストエクスポート」をクリックしてください。

「Excelファイルはパスワードで保護されます。パスワードは現在のアカウントです。」というメッセージが表示されます。確定ボタンをクリックすると、ご利用中のPCに従業員情報が記載されたExcelファイルがエクスポートされます。 ファイル名は [従業員リスト20YY-MM-DD.xlsx] (20YY-MM-DDはエクスポート実施日) エクスポートされたファイルを開く際にパスワードを求められます。パスワードはSenseLinkにログイン中のアカウントです。ログイン中のアカウントのパスワードではありませんのでご注意ください。

Excelファイル内の従業員情報について、以下の点に注意しながら修正してください。

  • Excelファイルの1行目と2行目は編集、削除しないようにご注意ください。3行目以降の従業員情報は修正することができます。

  • A列はSenseLinkが各従業員に付与し、管理するための内部IDです。編集、削除しないでください。

  • B列-S列の入力項目や制限は複数登録時のExcelテンプレートへの入力項目と同様です。

  • T列には認証用顔写真の登録有無が[Y]または[N]で記載されています。

R列の 性別 は、半角数字で ・1 (男性) ・2 (女性) という形式で入力する必要があります。

ダウンロードしたリストには「男性 / 女性」とテキスト形式で入力されていますが、性別情報を更新しない場合でも、R列を正しく『1 / 2』に入力し直す必要があります。

ダウンロード後に修正をせずテキスト状態のまま次の ②更新従業員リストアップロード を実行した場合、不正な情報で上書き更新が行われて既存の性別情報が失われてしまいますので、ご注意ください。

修正が完了したら、Excelファイルのパスワードによる保護を解除し、ファイルに[名前をつけて保存]してください。

Excelファイルのパスワードによる保護の解除方法

ファイル名および保存先選択画面の[ツール]をクリックし、[全般オプション]をクリックします。パスワードを消去してOKをクリックし、ファイルを保存してください。

SenseLinkに戻り、「②更新従業員リストアップロード」をクリックして、修正したExcelファイルをアップロードしてください。 アップロードが完了すると、「複数更新完了」のメッセージが画面上部に表示されます。

Excelファイルの内容に誤りがある場合、「アップロードされたフォーマットに {n} 点のエラーがあります。修正して再度アップロードしてください。」のエラーメッセージが表示されます。ファイルの内容を修正して、もう一度アップロードしてください。

6.11 従業員認証用顔写真の修正:複数修正

すでに登録済みの従業員の認証用顔写真の修正を行います。

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[従業員管理]を選択してください。従業員管理ページが表示されます。[一括操作]タブをクリックし、[複数登録]を選択してください。

アップロード開始ボタンをクリックしてください。

Step1をスキップします。ページ下部にあるスキップボタンをクリックしてください。 「登録済みの従業員のみ認証用顔写真を登録できます。登録済みの従業員名と一致しない写真ファイルは登録されません。従業員情報アップロードをスキップしますか?」というメッセージが表示されるので、確定ボタンをクリックしスキップしてください。

以降の手順は6.9.2項 従業員の認証用顔写真のアップロード(Step 2) を参照してください。

6.12 従業員の削除:複数削除

削除したい複数の従業員を指定して一括で削除することができます。

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[従業員管理]を選択してください。従業員管理ページが表示されます。[一括操作]タブをクリックし、[複数削除]を選択してください。

複数削除画面が表示されます。「①従業員リストのエクスポート」をクリックしてください。

「Excelファイルはパスワードで保護されます。パスワードは現在のアカウントです。」というメッセージが表示されます。確定ボタンをクリックするとご利用中のPCに従業員情報が記載されたExcelファイルがエクスポートされます。 以下のExcelファイル名で保存されます。[yyyy]-[mm]-[dd]はこの操作を行なった日付です。 従業員リスト[yyyy]-[mm]-[dd].xlsx

エクスポートされたファイルを開く際にパスワードを求められます。パスワードはSenseLinkにログイン中のアカウントです。ログイン中のアカウントのパスワードではないのでご注意ください。

ExcelファイルのT列に、 [削除する(Y)] の項目があります。削除したい従業員のT列に[Y]を記載してください。Excelファイルのパスワードによる保護を解除し、ファイルに[名前をつけて保存]してください。 また、ファイル形式ではExcelブックの.xlsx形式を選択してください。特殊な形式であるMicrosoft Excel 5.0/95ブックの.xls形式は選択しないでください。

ファイル形式は必ず Excelブック(.xlsx)形式 を選択してください。 画面上の表記に関わらず、Excel 97-2004ブック(.xls)形式 のファイルでは正常に動作しません。

Excelファイルは、T列以外の編集・削除は絶対に行わないでください。

SenseLinkに戻り、②[アップロードには削除が必要な従業員リスト]ボタン(削除する従業員リストのアップロード)をクリックして、先ほど編集・保存したExcelファイルをアップロードしてください。

③削除ボタンをクリックしてください。確認のためにパスワードの入力を求められます。現在ログイン中のアカウントのパスワードを入力してください。

削除が完了すると「一括削除に成功しました」のメッセージが表示されます。

大量のデータ削除のために処理時間が1分以上かかった際、「応答エラー」が発生することがあります。しかしバックグラウンドで削除が続いていますので、エラーが出てもデータ削除処理に影響はありません。

6.13 登録レコード

登録者ごとの顔写真の登録レコードを管理することができます。

顔写真の登録申請があった際は、操作列に「承認」および「却下」が選択可能です。「承認」をクリックすると、申請された顔写真が対象の従業員に反映されます。

ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[登録レコード]をクリックすると、登録レコードが表示されます。検索機能として登録者タイプ選択、登録日付絞り込み、登録デバイス、登録者名や携帯電話番号などがあります。

6.14 写真による検索

登録者を写真で検索することができます。 ナビゲーションメニューの[登録者タイプ]→[写真による検索]をクリックしてください。写真による検索画面が表示されます。

写真アップロードをクリックして、検索に利用したい写真をアップロードしてください。写真の規格は 6.2節 登録する認証写真の規格 を参照してください。

認証しきい値の値を設定してください。0.5~1.0の間で設定できます。 表示人数(上位)で、類似度の上位何人を検索結果として表示するかを設定してください。

設定が完了したら、検索ボタンをクリックしてください。検索結果が表示されます。 検索結果は類似度が高い順に表示されます。各検索結果の認証レコード 表示ボタンをクリックすると、登録者の認証レコードを確認することができます。

【しきい値とは】 しきい値は、SenseLinkのアルゴリズムによって計算される、本人を本人として認証する類似スコアの最小値です。類似スコアとは、登録した顔と検索した顔の特徴量の類似度を示すSenseLink独自のスコアであり、2つの顔の特徴量が完全一致する場合に1になるよう重みをつけたものです。 しきい値を高くすると認証の条件を厳しくしたこととなり、類似スコアがしきい値より高くないと認証されないため、FRR(False reject rate:本人棄却率、本人同士を他人だと間違えてしまう確率)が高くなります。 逆にしきい値を低くすると認証の条件を緩くしたこととなり、類似スコアが低くても認証してしまうため、FAR(False accept rate: 他人受入率、別人同士を本人だと間違えてしまう確率)が高くなります。

6.15 登録者情報のエクスポート

登録者情報を最大100,000件までExcelファイルにエクスポートすることができます。ただし写真はエクスポートできません。

従業員情報の場合を例に操作手順を記載します。ビジター、拒否リストの場合はそれぞれビジター管理メニュー、拒否リスト管理メニューに読み替えて同様の手順を実施してください。

ナビゲーションメニュー [登録者タイプ]→[従業員管理]から従業員一覧を表示してください。エクスポートしたい登録者または登録者グループを選択し、エクスポートボタンをクリックしてください。

「エクスポートされたExcelファイルのパスワードは現在のアカウントです。」というメッセージが表示されます。 確定ボタンをクリックすると、登録者情報が記載されたExcelファイルがご利用中のPCのダウンロードフォルダに保存されます。

登録者タイプが従業員、ビジター、拒否リストのそれぞれの場合、以下のExcelファイル名で保存されます。[yyyy]-[mm]-[dd]はこの操作を行なった日付です。

  • 従業員リスト[yyyy]-[mm]-[dd].xlsx

  • ビジターリスト[yyyy]-[mm]-[dd].xlsx

  • 拒否リスト[yyyy]-[mm]-[dd].xlsx

Excelファイルを開くには、パスワードを入力する必要があります。パスワードはExcelファイルエクスポートを行なったユーザーのアカウントです。

6.16 登録レコードのエクスポート

登録レコードを最大100,000件までExcelファイルにエクスポートすることができます。ただし写真はエクスポートできません。

ナビゲーションメニュー [登録者タイプ]→[登録レコード]から登録レコード一覧を表示してください。エクスポートしたいレコードを検索で絞り込み、エクスポートボタンをクリックしてください。

現在、絞り込み内容をエクスポートファイルに反映できるのは、日付と検索欄で検索したキーワードのみです。登録ステイタスとデバイスは、エクスポート条件として機能していません。

以下のExcelファイル名で保存されます。[yyyy]-[mm]-[dd]はこの操作を行なった日付です。 登録レコード[yyyy]-[mm]-[dd].xlsx

最終更新