11.4 設置

組み立ておよび設置を容易にするために、サーモグラフィーカメラは工場出荷時にブラケットに固定されています(下図を参照)。

設置するときの主な作業は、サーモグラフィーカメラおよびブラケットを SensePass Pro のターンテーブルブラケットに固定することです。次の図が設置全体の分解図になります。

設置手順

手順 1:開梱後、サーモグラフィーカメラを慎重に取り出します。ブラケットは工場出荷時に取り付けられています。

手順 2:ケーブルDをサーモグラフィーカメラGの背面に接続します。ケーブルコネクタの直角が下向きになるようにしてください。次の図のように、赤色のケーブルをブラケットの溝に通します。

手順 3:サーモグラフィーカメラを損傷しないように、ねじBを使用して SensePass Pro 取り付けプレートCをサーモグラフィーカメラ用ブラケットFに固定します。

手順 4:ねじBを使用してターンテーブルブラケットを取り付けます。作業中は、サーモグラフィーカメラを損傷しないようご注意ください。

手順 5:最後に、SensePass Pro 顔認証デバイスを取り付けプレートに取り付けます(サーモグラフィーカメラを損傷しないようにご注意ください)。顔認証デバイスを固定したら、盗難防止用ネジを締めて、Type-C ケーブルを接続します。SensePass Pro の USB ポートは、デバイスの底部にあるゴム製プラグでカバーされています。

最終更新