JCV Product Document Portal

JCV製品のマニュアルを公開しています

※各マニュアルはGitbook形式で公開されてます

SenseThunderシリーズ

ビルディングアクセスソリューションおよびAI温度検知ソリューションであるSenseThunderシリーズの各種操作説明に関する手順について記載しております。

SenseNebulaシリーズ

「SenseNebula」は、学習済みAI並びにGPUが搭載されたデバイスで、IPカメラと組み合わせることで人物検知、個人認識(顔データ登録時)、属性分析などの映像解析を実現します。

SensePassシリーズ

SensePassは独自に開発したディープラーニングの顔認識アルゴリズムをベースとした入退館管理エッジデバイスであり、企業、政府機関、公共機関のお客様に、顔認証による勤怠管理、出欠管理、来客受付及び入退館管理を目的としてご利用いただいております。

●SensePassマニュアル

M20 AIビジョンモジュールシリーズ

M20 AIビジョンモジュールは高精度のディープラーニング顔認識アルゴリズムを搭載し、双眼式生体検知技術をはじめ、顔の特徴点抽出、認識アルゴリズムSDK、金属製ケーシングなどを統合した新世代のインテリジェント顔認識AIビジョンモジュールです。

●M20 AIビジョンモジュール

SenseLinkシリーズ

SenseLinkはビルディングアクセスソリューションおよびAI温度検知の管理プラットフォームで、SenseLink Cloud、SenseLink GE Enterprise 、SenseLink GE Enterprise Pro の3つのモデルを提供しています。

SDKシリーズ

Thunder SDKは、AI顔認証アルゴリズムおよびその派生機能をベースにした Android 向けSDKで、JCVインテリジェントハードウェアデバイスを実行キャリアとして採用します。生体検知、1:N顔認証、1:1顔認証、顔温度検知、マスク検知、アクセスコントロールなどの機能を迅速に開発するために使用できます。

Mercury Cloud

Mercury Cloudは、AIを活用した各種画像解析解析技術を提供するプラットフォームで、高品質なCV PaaSサービス(画像とビデオのアクセスと処理、顔検出、顔検索、クラスタリング、顔認識など)を提供します。