5.1.1 事前準備

事前にファイルシステムFAT32でフォーマットされたUSBメモリ(16GB以下を推奨)をご用意いただき、以下に示すURLからアップデート用パッケージ(zipファイルおよびapkファイル)をダウンロードして、USBメモリに格納してください。 ※尚、状況に応じて、弊社担当者より直接アップデート用パッケージを提供する場合もあります。

こちらのダウンロードサイトからzipファイルをダウンロードします。

※zipファイル内のファームウェアに関する情報は以下を参照ください。

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、生成されたフォルダの中身をそのままUSBメモリに格納します。

USBメモリ内に作成したフォルダへコピーした場合は、この説明以降の手順が実行できませんのでご注意ください。

<macOSの場合の手順>

<Windows OSの場合手順>

ここまでの準備が完了したら以下の手順でアップデートを行う。

温度測定画面にて画面を数秒間タップします。

パスワードを入力し、確定ボタンをタップします。

 

複数回間違えると一定時間の間、パスワード入力がロックされますのでご注意ください。パスワードが不明な場合は、貴社管理者様にご確認をお願い致します。

システム設定をタップします。

USBメモリの項目がONになっていることを確認します。

左上の<アイコンを回タップし以下のように温度測定画面が表示されることを確認します。

最終更新